HOME>ホットトピックス>血糖値の上昇を抑えて安定させるには生活改善が必要

食事制限で血糖値の上昇を抑制する

男女

血糖値を下げる方法で最も効果的な対策は昔も今も変わりありません。摂取カロリーを適切に抑えること、血糖値の上がりにくい食事を心がけることです。カロリー過多の影響で肥満や脂質異常症を招くのは有名ですが、血糖値にも影響します。高血糖の人は暴飲暴食をする、食べ物の好き嫌いが激しいなどの傾向があります。特に炭水化物がメインの食事は、血糖値が高くなりやすいです。一方で野菜やキノコ類、コーヒーなどは血糖値を下げるために役立ちます。

インシュリン注射でコントロール

弁当

上がり過ぎた血糖値を抑えるために、医療機関ではインシュリン注射を処方しています。血糖値を下げる方法の王道ですが、これだけでは対策が不十分であり、食事や運動療法との並行が必須となります。

適度な運動を実践しよう

運動をほとんどしない人は代謝が弱く、体内のカロリーの燃焼効率が悪くなっています。こうした人は血糖値が下がりにくい傾向があるので、血糖値を下げる方法として運動療法を取り入れてください。毎日20分程度の運動をするだけで代謝効率を上げて、血糖値が上がりにくい身体に導けるでしょう。運動は足腰に負担のかからない方法を選択する必要があります。最も手軽かつ継続性が高いのはウォーキングで、スタミナに自信のない人でも続けやすいのが特徴です。